BLOG

今日は私の本より1ページご紹介致します。



23年前の1月17日は阪神大震災があった日です。

震災と聞くと思い出される言葉があります。


こちらは東日本大震災で気仙沼・陸前高田などが津波により、

大水害を被る状況をテレビ中継画面を見ながら、

怖くて怖くてドキドキしながら胸を冷やす思いで創り出した散文詩です。


いつもと変わらない日常、いつもと変わらない普通であることが一番良い。

一番幸福である。


日本中がこれからも長く、できれば永遠に…

平和でいつものままであってほしい。


そんな願いを込めた言葉でした。



落合照男


秦野タウンニュースに掲載して頂きました。

秦野の本屋さんにも私の本を置かせてもらっています。

伊勢原書店・島屋書店に置いてありますので、是非手に取ってみてください。


『様々な感情が蘇る魔法の本』になっています。


言葉も、絵も楽しめて

あの時の感情が蘇り、わかるぅ~と共感でき

涙腺も踊らされる不思議な感覚を是非!